1月6日(日) 曇り

愛犬の容態が・・・・。

初詣の時の出血の影響か、金曜の夕方から、ラブの状態が変です。
耳に炎症を起こしているのか、水が出てきます。
臭いもします。

頭を傾けたまま、やっと立ち上がってもくるくる、ふらつきながら回り、倒れます。
よく見ると、眼球が動いてます。
眼振というものでしょうか。
食欲もありません。

土曜日には、立ち上がることもできず、眼振は悪化、首を右に傾けたまま硬直。
突発性前庭疾患?
もっと悪い病気?

病院に連絡し、診察時間外でしたが、お願いして診てもらえることになりました。

覚悟はしています。
いつ、何がおきてもおかしくない、と。

最近は、朝、起きるたびに、もしかしてラブは息をしていないのでは・・・とドキドキしながら、ラブに声をかけます。
反応してくれると、ほっとします。

病院で、色々な検査をして、
やはり、耳に炎症がありました。
膿を取り出してもらい、薬を注入します。
内蔵に問題があるかもしれないという数値も出ています。
熱はないようです。
それから「前庭疾患」。
原因にもよりますが、軽い場合は、数日でおさまるから、食事をしっかりとらせること、と言われました。
原因が、耳なのか、脳なのか、老化なのか。

日曜日は、お医者さんが不在ということで、月曜日にまた診てもらうことになりました。
それによって、薬や治療法を検討することになります。
LOVE
ぐったりして、あまり反応しませんが、意識はしっかりしているようです。

診察の費用は4万円あまりでした。
それも、厳しい現実です。